ハリム HARIM|BRASS FINGER

型番 HRVS567BR
価格 2,600円(税抜)
購入数
注文

 
 
material:
brass(真鍮)

size:
縦 約70mm
横 約28mm
厚み 約5mm

新型コロナによって一変してしまった日常生活。
事態の収束が全く見えない状況の中、それでも我々は最低限の移動や買い物はしなければなりません。
今日明日にでも身近な誰かが、あるいは自分が感染者となってしまうかという未曽有の脅威に対して、
現代社会の持つ対抗手段は皆無でした。

見えない相手との戦いは、他人を疑うことから始まり、
今や世界中で病的な買い占めと消毒の日々が繰り返されています。
現在、私たちはそうした恐るべきストレスに晒され続け、すでに心も体も疲弊しきっています。
有効な治療法が確立されず、ワクチン生成には1年以上かかる見通しの中にあり、
欧州やアメリカの惨状は、これから数週間後にも日本にも起こるであろうと予測されます。

新型コロナ、インフルエンザをはじめウィルス性感染症の最大の感染経路は「手」です。
口や鼻といった呼吸器からの感染は「手」からの感染よりもはるかに低い確率です。
感染者が触れたりする事で汚染された物に知らずに触れてしまった「手」で、
人は無意識に顔を触ってしまいます。 そして目、口、鼻などの粘膜からウィルスは容易に感染します。

統計によると1分間に3回、感染者でも、そうでない人も自分の手で自分の顔を触るのです。
その手に、ウィルスが付着しているとも知らずに。 今、ひとたび外に出れば気が付きます。
あまりにも多く手を使う機会があるという事に。
玄関のドア、エレベーターのボタン、お店のドアハンドルや取っ手。
いつだれがどんな手で触ったのかわからないものだらけです。
この銅合金製(真鍮)のBrFNGRは銅の持つ抗ウィルス力を常に発揮しています。

携帯しやすくいつでも取り出しやすい形状と、
コンビニのドアなどの大型のハンドルでも楽に引っ掛けて開けることができ、
また引っかかってしまい煩わしい思いをすることなく、
自然な動きの流れの中でドアハンドルから外すことが出来ますし、
また先端部の外周を使えばエレベーターのボタンを押したり、
ドアを押して開けることも可能な形状設計です。

さらにBrFNGRの先端を指先のように使えば、
ATMやカード決済時のキーボタンを直接触れずに済み、
感圧式タッチパネルのサインボードや操作パネルにも反応します。
そして、BrFNGRに付着したウィルスは銅イオンの力で1時間以内に検出限界まで減少、不活性化します。

その効果は地上の大気にわずかな湿度がある限り銅イオンが溶出し続け、
永続します。 新型コロナCOVID19に効果があることを示すデータはまだありませんが、
同じRNAウィルスであるインフルエンザウィルス等、多くのウィルスに効果があることが世界中の、
複数の研究機関によって実証されています。

銅イオンは常温、わずかな大気中の水分と反応して溶出する非常に抗菌性、
抗ウィルス性の非常に高い物質で、半永久的に作用し続けます。 また特に銅単体ではなく、
銅と亜鉛等の合金である真鍮が特に効果的であるとされています。
このことから病院や公的機関では真鍮製品が積極的に採用されています。
詳しくはwikipediaをご覧ください。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%85#%E6%8A%97%E8%8F%8C%E6%80%A7
※金属イオンの中で最も抗ウィルス効果の高いものは銀ですが、銀イオンは常温では微弱な活性です。

Your Recently Viewed Items

Information

Other page